ADMIN | RSS | ATOM | SEARCH
english blog ranking
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています




2009.03.26 Thursday | - | -| ▲ top
第1話 the one where Monica Gets a New Roommate その6

ロスの部屋に家具の組み立てを手伝いに来たチャンドラーとジョーイ。組み立てに手間取うロスが一言"I'm supposed to attach a brackety thing to the side things, using a bunch of these little worm guys, I have no brackety thing. I see no whim guys whatsoever and I cannot feel my legs!"

a brackety thing. bracket (ブラケット)とは「」や()などの括弧という意味でよく使われますが、腕木(部品を支える、しばしばL字型の部品)という意味もあります。ここでは brackety と最後に y がついていますが、おそらく辞書には載っていないと思います。しばしば m や t などで終わる名詞は、 y を最後につけると形容詞にすることが出来ます。( cat → catty 猫っぽい )。 y を付けない場合は like を使って bracket like thing. でも同じ意味になります。「腕木みたいなモノ
 
a bunch of. 「沢山の」という意味で a lot of と同じような感じですが、a lot of が可算・不可算名詞に関係なく使えるのに対して、a bunch of は可算名詞にしか使えません。くれぐれも a bunch of water などと言わないように!
 
whim は「(銃の)巻き上げ機」という意味があり、ここでロスはその意味で使っていると思われますが、whim には「気まぐれ」「思いつき」という意味の名詞でもあります。
 
・ take/have a whim to 〜 : 思いつきで〜する。
・ a passing whim : 一時的な気まぐれ
 
whatsoever 用法も意味も whatever と同じですが、whatsoever の方がよりネガティブでやけっぱちな感じが強まります。 I knew nothing whatsoever about her! (彼女のことなんかサッパリ何にも知らなかった!)。動詞の目的語(ここでは nothing )の直後に入れるのが普通のようです。
  
その時ジョーイとチャンドラーが本棚を作り終えます。"We've got a bookcase here." 本棚は他に bookshelf という言い方もあります。ちなみに、日本人が「ブックケース」と呼ぶ、いわゆる個々の本やシリーズモノが入っている小さい箱は slipcase といいます。混合しないように注意!
 
その後ジョーイが言います。"Done with the bookcase." 「(その)本棚が完成した」。 done with ですが、 I've done with と I'm done with の両方が考えられます。違いは何でしょうか?
 
I have done with 〜 の方は、「終わった状態」がこれから永遠に続くことを意味します。 I'm done with の方は、とりあえずは「いったん終わった」という意味です。
 
ジョーイのこのセリフの場合は、 have でも am でも対して意味が変わりません。しかし、例えば smoking (喫煙) を使った場合など、 I've done with smoking. では、終わった状態がずっと続くのですから「禁煙した」という意味になります。一方 I'm done with smoking では、いったん終わるだけなので、単純に「(1本のタバコを)吸い終わった」という意味になります。
  
今回は表現というより文法的な解説が多かったので、「表現のおさらい」は省略します。



2008.07.11 Friday | comments(0) | season 1 - 1話| ▲ top
スポンサーサイト




2009.03.26 Thursday | - | -| ▲ top
Comment