ADMIN | RSS | ATOM | SEARCH
english blog ranking
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています




2009.03.26 Thursday | - | -| ▲ top
第1話 the one where Monica Gets a New Roommate その4

モニカに励まされて少し落ち着いたレイチェルに言い寄るジョーイ。"you need anything, you can always come to Joey. Me and Chandler live across the hall. And he's away a lot".(何か必要な時、いつでもジョーイの所に来て良いよ。俺とチャンドラーは廊下またいだ所に住んでるから。そして彼(チャンドラー)は外出してることが多い)。
  
これはかなり砕けた(というか、「オレ、食べる。」的なちょっと頭の悪そうな/キャッチコピーのような)口語表現です。ちゃんとした言い方だと、you need anything の前に when を付けて when you need anything (何か必要な時)、とするのが正式です。あと、Me and Chandler は Chandler and I が文法的には正解です。(前に英語のメールで Me and my friends 〜 と書いたら My friends and I とネイティブに訂正されてしまいました。各種試験でも減点の対象となると思います)。
 
他にも、本当は I を使うべきなのに、口語では me を使ってしまう場合があります。例えば、as や than の後。He's taller than me. (正式は taller than I が正しいとされています)。しかしこちらはそこまで砕けた表現ではなく、会話ではよく使われます。
 
でもこの台詞から見習うこともありますね。例えば、He's away a lot.(彼は居ない/外出してることが多い)。どうしても、日本人の感覚では He isn't home most of the time. などと長く説明的になりがちですが、短くて自然な表現がパッと頭に浮かぶと良いですね。
 
ジョーイがそう言うと、モニカが"Stop hitting on her!"と言います。hit (ヒット、ぶつかる、当たる・・・)というイメージで、色んなシチュエーションで使えますが、hit on〜は、ここでは「言い寄る」「口説く」という意味です。hit on は他にも、「思いつく」という意味でもよく使います。hit on a bright idea.(名案を思いつく)
 
そうこうしてると、誰かがドアのベルをならします。ポールという男性が来たと解ったので、モニカが"Buzz him in!"と言います。buzz (バズ)というのは、そのドアベルのようなビー!という音のコトですが、その音に関する動作として、動詞としても使えます。この場合では(ボタンで音を鳴らして/音が鳴って)何かが起こるようにするといったニュアンスで、ボタンで音が鳴って、ポールが(部屋に) in するようにする、つまり「彼を入れてあげて!」という意味です。in ではなくて out を使えば「彼を追い出せ!」という意味になります。buzzには他にも色んな使い方があるので、辞書でチェックしてみてください。→ オンライン辞書で見る
 
ポールが来たと解ってロスがこういいます。"Paul the Wine Guy, Paul?" (あの「ワイン男ポール」のポール?)。人の性質を表す言い方にも色々ありますが、これもなかなか便利な表現です。Paul(名前)と、the Whine(その人が関係あるもの/大好きなものなど) Guy で、「例のワインのポール?」という風になります。語順は the wine guy Paul. としても良いようです。ロスの場合は恐竜が大好きなので Ross the dinosaur guy.(恐竜男のロス)と言えますね。ポールはきっとワインに詳しかったり、良いワインを前にロス達にあげたりしたのでしょう。
 
続けてロスはちょっとうれしそうに"He finally asked you out?"と言います。 ask 〜 out〜をデートに誘う、という意味です。「とうとう彼が君(モニカ)をデートに誘ったんだね!」。発展して付き合うようになると go out です。(I'm going out with him.彼と付き合ってるの)。
 
するとチャンドラーがこう言います。"Ooh, this is a Dear Diary moment." 直訳すると「おお、これは『親愛なる日記』な瞬間だ」になります。感じとしては、「日記に書きたい出来事」「思い出になる出来事」みたいな意味になると思います。(悲しい場合にも使うようです)。あと、Dear Diaryというドラマもあったようで、もしかしたらチャンドラーがこの「Dear Diaryのドラマみたいだ」という意味で言った可能性もありますね。
 
表現のおさらい :
 
1. 口語では I の代わりに me を使うことがある。(砕けた口語)
Me and Chandler live across the hall. ( → 正式 Chandler and I )
He's taller than me. ( → 正式 He's taller than I )
 
2. hit on 〜 : 〜に言い寄る。口説く。
3. buzz 〜 in/out : 〜を(ボタンを押して)中に入れる/出す
4. Paul the Wine Guy : 「ワイン男のポール」
5. ask 〜 out : 〜をデートに誘う。
6. go out ( with 〜):〜と付き合う。
7. a Dear Diary moment : 「日記に書きたい出来事/瞬間」
 
今日の表現を使って短い英文を書いてみました。
 
When Cathy and I were chatting, she kept talking about Jessie, Jessie the flower guy! The other day, He hit on Cathy and asked her out with flowers in his hands. it was such a Dear Diary moment. I think they'll start going out soon.



2008.07.07 Monday | comments(0) | season 1 - 1話| ▲ top
スポンサーサイト




2009.03.26 Thursday | - | -| ▲ top
Comment