ADMIN | RSS | ATOM | SEARCH
english blog ranking
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています




2009.03.26 Thursday | - | -| ▲ top
第1話 the one where Monica Gets a New Roommate その2

落ち込むロスにストリップを見に行くことを勧めるジョーイ。"Come on! You're simgle. Have some hormones!"(いいじゃない!独身なんだから。ホルモン得ようぜ!)でもロスは乗る気にならず"I just wanna be married again"(また結婚した状態でいたい)と言う。その時ウェディングドレスを着たレイチェルがずぶ濡れでカフェに入ってくる。
 
ロスが「また結婚したい」と言ったら花嫁が登場したので、チャンドラーが"And I just want a million dollers!"(そして僕は百万ドルが欲しい!)と言って両手を広げます。(もちろん都合良く百万ドルがチャンドラーに現れることはない・・・。)
 
レイチェルと他のメンバーとが紹介し終わって、少し気まずい間が出来る。そしてモニカの一言"So you wanna tell us now, or are we waiting for wet bridesmaids?" bridesmaid(ブライズメイド)とは、花嫁の付き添いをして色々とウェディングに関してお手伝いをする人。フレンズを見る限り、親友がなる場合が普通のようだ。ちなみに、花婿bridegroom(略してgroomとだけ言う場合もある)の付き添いはbest manと言う。後にフレンズのエピソードでbest manに関する話が出てくるので、ここで覚えておこう!「じゃあ、私たちに(何があったか)今話したいの?それとも私たちは濡れたブライズメイドでも待ってるのかしら?」
 
そして説明を始めるレイチェル。結婚式の前、もらったプレゼントの一つLamaugeというブランドのゴージャスなgravy boat(グレイヴィーボート)、すなわちカレーなどが入っているボート型のソース入れ、を見ている時に、こう思ってしまった。"I realized that I was more turned on by this gravy boat than Barry(夫)!" (be turned on〜とは、〜に(しばしば性的に)興奮する、魅了される、という意味)つまり、なんとレイチェルは「私はバリー(夫)よりソース入れの方にもっと興奮する!と気づいちゃった」んだとさ・・・。(なんじゃそりゃ!って感じだけど/笑)

そして"I got really freaked out" (be/get freaked out 恐れをなす、ビビる)「本当にビビちゃった」んだそうだ。夫の顔がMr.Potato Head(アメリカでは誰でも知ってるジャガイモ顔のオモチャ)にしか見えなくなったレイチェルは、式場を逃げ出してしまった。
 
そして行き場を探してる時、モニカのコトを思い出した。"I know that you and I have kinda drifted apart, but you're the only person I knew who lived here in the city."(kindaカインダはkind ofの略で、「ちょっと」とか「なんか/なんとなく」「一応」という意味で口語でよく使われる。drifted apart、driftは流れる、漂う、という意味で、apartと合わせると、「離ればなれになる」とか「考え(気持ち)が違ってきて隔たりが出来る」という意味になる。)「モニカと私はなんか疎遠気味だったけど、私がこの町に住んでる人で知ってるのがモニカだけだったんだもん」
 
モニカは少し不機嫌な顔で"Who wasn't invited to the wedding"(ウェディングに呼ばれなかった人でもあるわね)と言うと、レイチェルは頭に手をやり"Ooh..I was kinda hoping that wouldn't be an issue..." (issueイシューとは、問題、論点、論題、争点という意味。雑誌などの発行物という意味もあって、動詞では発行するとも言える。I was issued a visa.ビザが発行された)。「あ・・・、そのコトが問題にならないようにちょっと願ってたんだけど・・・。」と言います。
 
ちなみに、レイチェルが色々と説明している時に、ウェイターに"Sweet 'n' Lo?"と訊いている。Sweet 'n' Low (スウィートンロウ)はアメリカのレストランやカフェでほぼ必ず見かける、いわゆるダイエット甘味料のこと。
 
次回は一同がモニカの家にいる場面からです。
 
表現のおさらい :
  
1.bridesmaids : 花嫁の付き添い。ウェディンングをお手伝いする人。
2.best man : 花婿の付き添い。ウェディンングをお手伝いする人。
3.gravy boat:ボート型のソース入れ。(カレーなどがよく入っているやつ)
4.be/get turned on:(性的に)興奮する。夢中になる。魅了される。
5.be/get freaked out:恐れをなす。ビビる。
6.drifted apart:(意見や考えが違ってきて)離ればなれになる。
7.issue : 問題(点)、論点、論題。発行物。【動】発行する。
8.Sweet 'n' Low:スウィートンロウ、人工甘味料、ダイエット甘味料の製品名
 



2008.07.02 Wednesday | comments(1) | season 1 - 1話| ▲ top
スポンサーサイト




2009.03.26 Thursday | - | -| ▲ top
Comment
勉強します!使わせてもらいます!
もも, 2014/03/10 11:51 PM